イギリス人男性とデートや付き合う時にするとドン引き

イギリス人男性とデート・お付き合いするときのタブーな話題って何?

イギリス人の男性とお付き合いする最初の頃って、お互いに好かれようと少し無理しちゃうので、自分の良い面をアピールしすぎちゃうのが普通ですよね。

 

だからお互いのパーソナリティーが「優しくてなんでも聞いてくれそう」な印象を受けます。
そして婚活しまくっていると、つい話題も「結婚生活」の幸せな内容や、結婚へのビジョンや希望について話がち。

 

日本人同士の婚活で出会ってこれから先の結婚生活についていっしょにビジョンを話し合っていくなら、その話もおかしくないのですが・・
日本人同士のお見合いや婚活事情のこの「当然な慣習」をイギリス人に当てはめるのはおおきな勘違い。

 

むしろ外国人の男性と婚活中にイギリス人男性とお付き合いすることになったとしても、自分の目的「国際結婚」に対するビジョンはヒミツにしておかないと。
出会い直後から結婚へのビジョンなんてうっかりと話してしまうと、結婚目的の日本人女性とマイナスイメージになってしまうので要注意。

 

イギリスでは結婚自体しない若者が多いので、結婚の話題や夫の役割等、そんなニュアンス的な話題をしてしまうとドン引きされますね。
心当たりある女性もいるんじゃないでしょうか?

 

結婚の話題って何も結婚式のイメージや結婚生活の話しだけじゃないんですよ。
1つ例をだすと、「育児関係」の話題。


イギリス人男性とお付き合い直後に話題にするとドン引きされる話題例@

デートしていると、若いお母さんとベビーカーにのった赤ちゃんや、ちっちゃい子どもの手をひいて歩いているお母さんの光景ってみかけますよね。
ついつい、子どもをみて「かわいい!」って発言しちゃいがち。

 

どうしてこれがドン引きされる話題かっていうと。

 

イギリス人の男性側の意見としては、お付き合いして最初の段階で「結婚」なんて意識していないのが当たり前。
一目ぼれを除いて、最初はちょっとかわいいから付き合ってみたいなってその程度の思いです。

 

だから結婚(生活)までイメージさせてしまう発言は控えたほうが当然いいですね。

 

 

結婚生活をイメージさせてしまう発言がお付き合い直後にどうしてNGなのか?

 

もう一つの理由

 

 

日本ではほとんど耳にしない理由なのですが。

 

イギリスは移民が多い国。特に貧しい東ヨーロッパやアフリカからの移民が多いのです。
何がいいたいかというと、結婚でイギリスの滞在許可証あるいはグリーンカード目当ての女性も少なくないという事実があります。

 

そして結婚したと思ったら、そのままバックレる移民たち・・
言い過ぎ・・ではない事実なんですよ。

 

ただでさえ外国人による犯罪や、失業率の高さが言われているイギリス。
これ以上外国人に職を与えるくらいなら、生粋のイギリス人の雇用率を上げたいというのが本当の気持ちなのでしょう。

 

だからやさしく、ジェントルなイギリス人男性でも、気に入った女性に対しては十分時間をかけていろいろなパーソナリティーやバックグランド、家庭環境を知る前は、一定の警戒心を秘めながら女性と付き合っているということを忘れずにいたほうがいいですよ。


page top