イギリス人と国際結婚がゴールじゃない!



イギリス人と国際結婚と仕事記事一覧

紳士の国と言われるイギリスは、EU諸国の中でも離婚率が高いことで有名です。結婚した夫婦は4〜5割の確率で離婚しています。イギリス人は個人主義者が多く、夫婦であっても親子であっても、それぞれの『個人』を尊重して暮らしています。だから日本の一般的な家庭で育った女性にとっては、イギリス人の考え方を理解出来ない部分が多くあります。イギリス人男性と恋に落ち、結婚し、イギリスへ移住することが決まっても、その幸...

イギリス人男性と結婚しイギリスへ移住した場合、専業主婦になるか、仕事をしながら主婦業をこなしていくか選択することになるでしょう。ここで注意しなければいけないのがイギリスでの「専業主婦」の社会的地位イギリス人は個人主義が強い国柄なので、自分のことは自分で、という風潮があります。イギリスの労働人口のうち約46%が女性です。財政の悪化で児童手当が削減され、家計を圧迫しているので男性の稼ぎだけではやりくり...

世界にはさまざまな国があり、その国によって文化はさまざまです。その国の文化や国民性を理解しておけば、一緒に暮らしたり、仕事をしたりすることになってもトラブルを少なくすることが出来ます。紳士の国と言われているイギリスの国民性や文化はどのようなものでしょうか。イギリス人と恋愛することが初めての場合や、イギリスに旅行や留学したことのない方の場合、いきなりイギリスに移住してもコミュニケーションをうまくとっ...

若い人たちの中には、一度で良いから海外で仕事をしてみたい、広い世界を覗いてみたいと思っている人も多くいます。そんな中、イギリスはヨーロッパの中でもワーホリで人気な国の一つ。30歳までの人ならワーホリを使って海外で仕事をすることが可能です。もうご存知のように、ワーホリとはワーキングホリデーの略で、二国間の協定に基づいて、相手国で休暇を楽しみながら就労することを認める特別な制度のこtp正社員として働く...

海外で仕事をしたいと思っても、日本で求人に応募するように簡単に仕事に就けるわけではありません。日本人が海外で仕事をするには、その国に滞在するための長期滞在ビザが必要となります。ご存じのとおり、ビザとは自国民以外に対して、その人が所有しているパスポートが有効で、入国しても問題がないか証明する証書のこと。就労可能なビザのビザには種類があり、就労が可能なビザと就労が不可能なビザがあります。就労が可能なビ...

交際中のイギリス人とっまだ結婚の話もでてないし、婚約もしていないけど、遠距離ではいずれ別れも生じてしまうかもしれないし・・・。と悩んでいる方は、ワーホリや学生ビザを申請してイギリスへ行く場合もあります。もし既に社会人として働いている方で、今の仕事のキャリアがそのままイギリスで活かせれば、就労ビザを取ることも可能です。いずれにしても海外で仕事をする際に必ず必要になるのが、就労ビザ(査証)です。就労ビ...

イギリス人と同棲や結婚でイギリスへ移住。移住したのはいいけど、主婦でも男並みに働くことを要求されるし、働かない主婦は離婚や別居の原因になります。だから何とかしてイギリスで就職したいと思うってことありませんか?日本人でイギリス人と同等のレベルでビジネスできるレベルの人は多くはありません。結婚しても日常会話もまともにできないレベルの人も多いです。また、自分の環境や交友関係によってイギリス英語も変わって...