離婚してもイギリスで生活するには就労ビザ

就労ビザがとりやすい職種

交際中のイギリス人とっまだ結婚の話もでてないし、婚約もしていないけど、遠距離ではいずれ別れも生じてしまうかもしれないし・・・。
と悩んでいる方は、ワーホリや学生ビザを申請してイギリスへ行く場合もあります。

 

もし既に社会人として働いている方で、今の仕事のキャリアがそのままイギリスで活かせれば、就労ビザを取ることも可能です。

 

いずれにしても海外で仕事をする際に必ず必要になるのが、就労ビザ(査証)です。

 

就労ビザには細かい種類があり、それぞれ性質や申請手順が違います。
正確な情報を得ることは就労ビザを取得する上でとても重要になります。

 

就労ビザを取得するには、申請や試験、面接などさまざまな段階を踏まなければならず、取得するまでに時間と費用がかかります。
間違った手続きをしてしまえば、また申請のやり直しをしなければなりません。

 

就労ビザを申請するためには、海外での仕事が決まっていることが前提となるのですが、仕事を探す段階でビザサポートのある企業を選んでおくと、就労ビザを取得するのが楽になります。

 

日本での仕事のキャリアがそのままイギリスで通用する場合、次のような仕事が主です。
このような職種は日本人に対しても求人を出しているので、英会話さえできれば就労ビザを手に入れ、イギリスで働くこともできます。

 

 

 

IT関連

 

プログラマーやサーバーエンジニア
ウェブデザイナー
ソフトウェアエンジニア

 

この職種は、日本人の技術を欲しているため日本人向けの求人が多くなっています。
ビザサポート込みの会社も多いです。

 

 

 

自動車関連の職種

 

設計
車のエンジンの開発
デザインを担当

 

このよう特別な技術を必要とする専門職の部門で働いていれば、そのままキャリアが上乗せになります。
その職種に転職してキャリアを1,2年積むのも悪くないですね。まずは転職サイトへ登録しましょう。

 


ビザ申請を語る、イギリスの詐欺グループにご注意!

ここで注目したいのは、求人欄に記載されているビザサポートの有無です。

 

ビザサポートを受けると、就労ビザを取得するために必要なアドバイスを的確に受けることができ、申請手続きの代行をしてくれます。
せっかくチャレンジしたい職業が見つかり採用されても、就労ビザの取得に時間がかかってしまっては採用が取り消しになってしまうことだってあるのです。

 

 

ビザサポートを行っている専門の会社もあります。
就職したい企業にビザサポートがない場合はビザサポートを行ってくれる会社に代行してもらうのも一つの手段です。

 

ビザサポートを受ける場合の費用は、ビザの内容によっても違いますが、平均して5〜20万円かかります。
ビザサポートを受ける場合は、まず見積もりをとってから納得した上で申し込むようにしましょう。

 

ただしビザサポートで支払う費用は、申請手続きの代行のための費用で、必ずしも就労ビザを取得出来るというものではないことも理解しておく必要があります。

 

 

ビザ申請詐欺について

 

 

また、近年イギリスで発表されているニュースをチェックすると、外国人を標的としたビザ絡みの詐欺事件が多発しているという。
ビザ取得関連のウェブサイトや、電話による詐欺なども報告されています。

 

日本人はカンタンに人を信用したり、ウェブ情報をすぐに信じたりする傾向があるので、十分注意してください。

 

一番安全なのは、多少金額が高くても、ビザが取得できるまで親身にサポートしてくれる日本にある日本のビザ申請サポートの会社に依頼することをお勧めします。

 

現地にある日本のビザサポート会社は、スタッフは日本人ですが、イギリスの生活に慣れてしまった人たち。
依頼者に対して不快な言葉も態度も取る人たちです。
そんな人たちには、自分のビザ申請なんて依頼しないでください。信頼できませんから。

 


page top